{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

DANIEL JASIAK×ao "finition"



独自の世界観を持つフランス人クリエイター、ダニエル・ジャジアック氏とaoのコラボが実現しました。

1920年代フランスのデイリーウェアからインスピレーションを受けたデザインを
aoならではの洗いざらしたガーゼに落とし込んだコレクション。
高いデザイン性を保ちながらも、日常にそっと息づくような洋服たちができあがりました。

使い込むほどに美しさの増す洋服たち、末永くご愛用いただけますように。


"finition"…フランス語で「仕上げ」の意味。

------------------------------------------------------

<DANIEL JASIAKより>
私が興味を持つのはファッションではなく
人々の日常を感じさせる素材やディティールとそのもののシルエットの美しさです。
服にはそれぞれ、時間の経過とともに使う人の日常が織り込まれストーリーとなっています。
今回も1920年代フランスのデイリーウェアから多くのインスピレーションを受けました。


:::story:::

8年ほど前、aoからほど近い場所にダニエル・ジャジアック氏のプロデュースするコンセプトショップ『メゾンゴッドナルスキー』が出来ました。
aoの代表とディレクターは足繁く通うそのショップのファンでした。
足を運ぶうち、ショップディレクターを務める日本人スタッフの森喜容子さんと意気投合。
その後、メゾンの撤退後も森さんとのやり取りは続き、2年ほど前にものづくりのお話が進み、ダニエル氏にラブコールをしたことが実を結びました。
氏は青いものがお好きで、「ao」の名前からまず好き、と話してくださいました。
洗いざらしの良さについても互いに共感を持っており、くたくたに洗うほど魅力を増す服を、今回デザインしてくださっています。


:::DANIEL JASIAK(ダニエル・ジャジアック)プロフィール:::
フランス人クリエイター。
フォトグラファーやアートディレクターとしても活動。
デザイナーの見習いとして働きながら、Ecole des Beaux Art de Tourcoing、Ecole des Arts Decoratifs de Parisの2つの美術学校を卒業。
1984-89年、オリジナルコレクションを発表し、1991年よりパリコレに参加。
1998年からはクリエイティブ・コンサルタントとして活動を開始。
日本では、代官山にて『メゾンゴッドナルスキー』のプロデュースを務める。
現在はフランスのアトリエを拠点にしながらDaniel Jasiakブランドをプロデュースしている。
独自の世界観を持ち、常にアートとモードにまたがった活動を続ける。
並び替え
3件中 1-3件表示

Jupe MIU<ジュープ ミウ>

¥ 16,500 消費税込 ¥ 18,150

tunique kino<チュニック キノ>

¥ 19,400 消費税込 ¥ 21,340

robe A<ローブアー>

¥ 22,000 消費税込 ¥ 24,200
並び替え
3件中 1-3件表示