このサイトでは、お使いのブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、または Firefox に切り替えることをお勧めします。

オーガニックコットンの心地良さはどこから来るの?

毎日使うバスタオルは、肌触りが何より大事。では「オーガニックコットン」なら大丈夫?バスタオルの心地良い使用感の秘密をお伝えします。

オーガニックコットンの基準は?

オーガニックコットンのガーゼ

「オーガニックコットン」とは、有機栽培された綿花のこと。

  • 3年以上化学肥料を使っていない土地で栽培されている
  • 遺伝子組み換えのない純粋な綿花の種を使用している
  • 綿花の品質だけではなく、労働者の安全が守られていて労働基準が守られている

ことも重要です。

国際的なオーガニック基準として「GOTS(Global Organic Textile Standard)」「bio.inspecta(バイオインスペクタ)」といった基準の認証を得ると、国際的にオーガニックコットンと認定されたという証となります。

ただ、オーガニックコットンの認証があるからといって、肌触りが良いとは限らないのです。「肌触りの良さ」はどう作られるのでしょうか。

肌触りの良さとは?

コットンの素材

肌触りの良いバスタオルの選び方は?肌触りの良さは、糸のやわらかさ、そして織り方、生地の仕上げなど、全ての工程で作られます。生地を作るには1本の糸ではなく、何本かの糸をねじり合わせて織っていきます。この、糸の撚り方によっても、肌触りと吸湿性に違いが表れるのです。aoのバスタオルは「撚りが甘い」、つまりあまりねじりを加えていない、やわらかな糸で織られているので、とてもやわらかく仕上がっています。

また、「パイル織り」(表面がループ状になっているタオル生地の一般的な織り方)の、ループ(パイル部分)の長さもポイントです。ループが長いほどふかふかして、肌触りが良くなり吸水性もアップします。

最後に、安心素材のチェックとして、オーガニックコットンの含有率を確認することも大事です。

日本製へのこだわり

aoオーガニックコットンバスタオル「立体織りガーゼバスタオル」。愛媛県今治市西条市で、厳しい品質管理のもと作られています。日本製、ガーゼ素材、そして工夫を重ね実現した、使い始めから抜群の吸水性。グッドデザイン賞も受賞し、このタオルシリーズ全体で日本アトピー協会からも推奨品として認定されている、おすすめ商品です。バスタオルは大判サイズもあり、またフェイスタオル、ゲストタオルなど各種取り揃えています。

オーガニックコットンのバスタオルをお求めならaoへ

会社名 株式会社アオ
店舗名 ao daikanyama online shop
販売責任者名 五十嵐昌樹
住所 〒941-0003 新潟県糸魚川市中宿942
TEL 025-555-7147
メールアドレス mail@ao-daikanyama.com
URL https://shop.ao-daikanyama.com

会員登録はこちらから

カート

これ以上購入できる製品はありません